自然素材のカーテンと布雑貨の通販サイト「クラシク」【1万円以上で送料無料】

吊るして作るドライフラワースワッグ

日光が当たらず湿度が一定の場所で

こんにちは、企画担当のkataです。

私はついついドライフラワーをたくさん作ってしまいます。
庭に咲いた草花を選定した時やいただいた花束など、
まだ形があるのに捨ててしまうのが忍びなく、
しばらく水にさして楽しんだ後は、枯れてしまわないうちに
麻紐で茎を結んで部屋に吊しておきます。

1-6-542x1043.jpg

写真のユーカリは色があまり無くならないので、窓辺に吊るしても平気なのですが、
ドライフラワーを作るにはなるべく日光が当たらず、
湿度が一定の場所が向いています。

生まれ変わって再び美しさを放つ命

その中でもポロポロと落ちてしまうお花と、
キレイに形が残ってくれるお花があります。
ドライフラワーにはその時形が残ってくれたものだけを使っています。

ドライになった植物は生花とはまた違った独特な雰囲気を持ち、
お部屋のインテリアとして再び魅力を放ってくれます。
私のお気に入りは1種類ずつアンティークの瓶と合わせてドライフラワーを飾ることです。

4-5-720x1080.jpg

5-4-768x1046.jpg

ドライフラワーを1種類だけ飾ることで、植物1つ1つが持っている個性を楽しむことができます。

そのほか、数年前から人気のスワッグ(花や葉を束ねて壁にかける飾りのこと)もドライフラワーを使って作ります。
素人でも簡単に作れるので時々楽しんでいます。

スワッグとして束ねる植物を選び、バランスを整えたら、輪ゴムで茎を留めます。

束ねた茎の上に好きな布や紙を巻き、麻ヒモやリボンで結びます。
布はmodomoアンクルのハギレを使いました。

8-1-720x1080.jpg

あとはお好きな場所に吊るすだけ。
わが家では寝室のエアコンのコードが出ているところにスワッグを掛けています。
部屋に良く馴染んでくれて、ふとした瞬間にその存在感にハッとさせられます。

想いのこもった花束をいただいた時は特に、
ドライフラワーとして残していくのも素敵ですよね。

アンクルグレーを使った商品

  • カーテンmadomoアンクル グレー

  • クッションカバーアンクル グレー

  • コースターアンクル グレー