自然素材のカーテンと布雑貨の通販サイト「クラシク」【1万円以上で送料無料】

秋を先取るハギレで作る、こども服とサコッシュ

カーテンmadomoの余り布を生かして

初めまして、hassyです。

みなさん、今年の夏はどのように過ごされましたか?
このご時世ですが、私は例年通り旦那と1歳になる息子と一緒に
私の実家のある神戸に帰省しました。(もちろん車で)

せっかく帰省したけれど、この猛暑と新型コロナの影響で
ろくに外出もできないので、手芸の得意な母と一緒に
秋物のこども服を作ることに。

生地はKURASIKUのハギレを使用。
恋しすぎる秋を先取りしたくて、茶色のヘリンボーン柄と
ストライプ柄のシックな生地を選びました。

祖母から母へ、そして私から息子へ

母は(実は祖母も)日頃からミシンを使って何でも作れる器用な人で、
私の小さい頃には浴衣まで手作りで作ってくれました。
その遺伝を自然に受け継いだのか、
私自身も大学で被服関係を専攻。

なので私もミシンで息子の通園バッグを作ったりするのですが、
今回作りたかったものが結構ハイレベルなものだったので、
母が作っているのを横から見て研究しようって思ったわけです(笑)

母と相談した結果、作るのはこの2つ。
・ベストとパンツのセットアップ(ヘリンボーン柄の生地)
・サコッシュ(ストライプ柄)

ボタンはあまり生地を使って、くるみボタンにしました。

サコッシュは、歩き始めの頃に、
自分のおやつとハンカチを入れて持たせたいと思って、
勝手に欲しくなっていた念願のアイテムです。
(しかも、布製のシンプルなこども用サコッシュって、なかなか売ってないんです)

母のアイデアでセットアップのあまり生地で表側に息子の名前をつけました。
ついに完成〜!
息子も大喜び、くるみボタンがお気に入りのようで、食べようとしてました(笑)

家にいることが多くなってしまう日々ですが、
こうやって家でできる楽しみを増やしていくと気分も変わります。
次は、こども用の羽織りとか作りたいな〜!って思ってます。(また母にお願いするかも)