自然素材のカーテンと布雑貨の通販サイト「クラシク」【1万円以上で送料無料】

一途にわたしらしく

画像:一途にわたしらしく

暮らしに寄り添い、溶け込み、自由な発想で
楽しむことができる
自然素材のカーテンと
そのハギレで作る個性豊かな布雑貨たち。
誰もが自然体=ナチュラルに暮らせる幸せを
思い描きながら
KURASIKUは
一つひとつ心を込めてつくられています。

素材

人と自然を心地よくつなぐ
理想の綿(コットン)と麻(リネン)を求めて。

日差しや視線を「遮る」というこれまでの役割からカーテンを開放し、室内と外を緩やかにつないで光や風、外の景色や自然をもっと心地よく感じられる空間をつくりたい。KURASIKUのカーテンmadomo(マドモ)には、そんなメッセージが込められています。日常のなかにある自然に美しく調和するファブリックでありたいから、自然素材のコットンやリネンの豊かな風合いを大切にしたい。

そこで私たちが求めたのは、良質でありながら手が届きやすい価格の素材。自社工場のある中国で信頼できるパートナーを得て、彼らとともに理想の素材を選び抜きました。価格は無理のないように、でも品質は日本の厳しい基準に応えられるように。工場では徹底した自社の一元管理のもと、すべての工程にこだわりながら生地づくりに取り組んでいます。

スタイル

使う人それぞれの暮らしに馴染み変化していく
フラットで自由なスタイルに。

自然素材であるコットンやリネンは、水に通すと縮む性質があります。この個性と上手につきあい長く愛用していただくために、私たちはカーテンの形を原点から見つめ直しました。従来のたっぷりとしたドレープから、生地が持つ魅力を素直に表現できるフラットなスタイルに。金属や樹脂のフックから、洗濯後も丈ピッタリにかけられる布素材のリボンに。さらに、生地の両サイドにボタンとボタンホ

ールをつけ、シェードのように上下にも布をたくし上げるなど、そのつなぎ方によってカーテンのシルエットを変えられる工夫を加えました。これはカーテンmadomoのハギレで作る布雑貨も同じです。ボタンで好きな布と布をつないだり、リボンの使い方や結び方をアレンジしたり。KURASIKUは使う方の手によって自由にその価値やスタイルが変化していくのです。

糸染め・織り

光の通し方やシワの出し方に至るまで
生地の個性を見極め活かす職人の技があります。

布一枚のなかには、さまざまな染めや織りの技術が織り込まれています。私たちはその工程一つひとつに熟練の技を込め、個性豊かな風合いの表現を追求しました。たとえば、ベーシックな「アンクル」は節のある糸を使って表面にムラをつくり、ラフな質感を表現。「エムレ」は糸の織り方を変えて、変化に富んだ模様が浮き上がるように。「オプト」は水中の泡のようなランダムなドットと横糸の

細かいボーダーが重なりあい、光に透かすと複雑な模様が浮かび上がるようにデザインされています。
madomoには、どの生地にも1枚1枚異なる個性があり、それぞれのストーリーが織り込まれています。それは糸の持ち味や機械の特徴を見極め、よさを最大限に引き出す職人の技があるからこそできること。光の通し方やシワの出方ひとつにも緻密な計算のもとでつくられています。

裁断・縫製

光と風をはこぶ繊細な風合いを生み出す
1枚1針の細やかな手仕事。

自然素材らしさが伝わるカジュアルな生地ながら、さり気ない品のよさや凛とした雰囲気も感じさせるKURASIKUの布。さまざまなアイテムに姿を変えても魅力が生きるよう、生地の繊細な織り目や風合いに気を配った裁断や縫製が施されています。
通常のカーテンは裾の折り返しが10cmなのに対して、madomoは2cmと非常に短くなっています。左右の端を

あえて縫製せずに横糸をフリンジ状に残したのも、生地に余計なハリ感を持たせず、ゆらゆらと風に揺らぎながら穏やかな光で空間をやさしく包み込むための工夫です。糸や針の種類、針目の間隔、縫うときの布の運び具合にいたるまで、工程の要素をすべて見直し、試行錯誤を重ねながら見出してきたつくり方。それがKURAIKU独自のかたちにつながっています。