自然素材のカーテンと布雑貨の通販サイト「クラシク」【1万円以上で送料無料】

シュタイナー教育

自由な生き方ができる子に

こんにちはkyokoです。

みなさんはシュタイナー教育という言葉を聞いたことがありますか?
シュタイナーとは一人ひとりの個性を尊重し、個人の能力を最大限に引き出す教育です。
その歴史は古く、1900年代ドイツで誕生してから100年以上たっているそう。

基本的な考え方は、『自由な生き方ができる人間を育てること』。
これは、決して自分勝手という意味ではなく、
自らの意思によって行動できる人物ということです。

私がシュタイナー教育で学び取り組んでいることのひとつが、
「子どもたちに安心感が得られる環境づくり」です。

自然素材とピンクへのこだわり

例えば、家具は自然素材のものを、そして
壁紙やカーテンには温かみのあるピンクを使うことが推奨されています。

子どもは吸収力が高いからこそ刺激を与えすぎない方がよい、
というシュタイナー教育ならではの考え方で、
自然の素朴さやピンク色に囲まれた温かみのある環境が、
子どもに「安心感」を与えるという考え方なのです。

私自身も以前から自然素材のものが大好きで、
家具には無垢を選び、カーテンにはリネン素材を選んで窓辺にかけています。
そして小さな雑貨からキッチンアイテムまで、身の回りの道具たちも
私がミシンで縫う子どもたちの服やバッグなどもピンクを意識しています。

お茶碗はあえて割れるものを

子どもたちには、自然と共存しながらのびのびと育ち、
そしてモノを大切に出来る子にと願っています。
そのために子どもたちのお茶碗はあえて割れるものを使っています。
お気に入りのものを長く大切に使って欲しいという想い。

落とすと割れてしまう事を知ってほしい。
実は上の娘2人は、以前1度だけ落として割ってしまったことがあって、
わざとではなかったので怒らずに怪我がなかったかを確認しました。

すごく気に入っていたので、泣いていました。
私はこの感情を大切にしてほしい!と思っています。
そうする事で食事を丁寧に食べるようになると感じるからです。

シュタイナー教育の素晴らしさはまだまだあります。
生活リズムを整え、同じ時間・曜日・季節に同じイベントを繰り返す大切さも。
我が家での実践例はまたのちほどお送りしますね。

掲載商品

  • カーテンmadomoレイン アイボリー

  • リング8個セット

  • クッションカバーアンクル グレー